白いマレフィセント

 

BEATS GALLERY | ビーツギャラリーで行われている企画展「Daydream yoko展」にて、Gallery&Darkroom LimeLight代表 兒嶌さんが写すモデルのyokoさんのマレフィセントがすごい印象的で素敵だった。

 

バイテン・モノクロのバライタ焼きのそのお写真は、パワーと静けさがあり躍動的な美しさがあった。

 

マレフィセントといえば、最近のディズニー映画は、実写版のお花の使い方が素晴らしい。

美女と野獣、シンデレラ、くるみ割り人形、アラジン・・・そしてマレフィセント供

 

マレフィセントでは初代作品とは違い、アンジェリーナ・ジョリーの息を飲む綺麗さに圧巻されたり、感動のお花のオンパレードにうっとりとするシーンがあるのが感動です。

 

そういえば、アンジェリーナ・ジョリーのマニフィセントといえば昔、広告の仕事で彼女が好きなクライアント様のご要望にて、ヘアメイクはアンジェリーナ・ジョリーを意識して作らせてもらったことを思い出した。

 

当時はまだデジタル環境の撮影ワークではなく、リバーサルフィルムを使用するのがあたりまえの時代。その時のポジが手元にあったことを思い出し、引っ張り出してきました。

 

フジのプロビア120。645での撮影だったのを思い出します。関西のすたじをでの撮影で、カメラマン、スタイリスト、モデルとも素晴らしいメンバーで意気込んでヘア+メイクメイクアップをしたのが懐かしいです。かなり古い作品ですのでヘナ、メイクアップとも時代を感じます。

 

こうやってみると、白いマレフィセントですね。

 

今自分がマレフィセントを写すとなると、どんなマレフィセントを写すのだろう。