20081013 KYOTO


色の溶け込む隙間に佇むへ吸い込まれる。
一瞬は過ぎ去りその虚空を埋め溶け込む事さえも忘れてしまう美しさ。
透き通る海。

綺麗なスウェルが向かってくる。

美しい海を滑り抜ける感動。 この快感は一生忘れることはないだろう。

帰りの車の中で宝塚の渋滞も心弾ませてくれる。
自然と皆に感謝。

 

上高地

Canon EOS Kiss Digital N

 

切り深く、その中へ吸い込まれてゆく。

天満屋ハピータウンカップ2007 サイクル耐久レースin岡山国際サーキット:チーム738


月曜日行って参りました、TIサーキット、40おっさん5人での6時間チーム・エンデューロ。
結果は・・・さてさてのちほどw

この日は朝から雨。

夜中は2時に起床、それから写真家のK氏宅に集合。
到着が早すぎた為K氏は起きてこない中・・・30分待ちぼうけですw
大阪の夜中は未だ雨は降っていなかったが、高速道路で岡山に近づくと雨が激しく降ってきました。
雨のレースはやっぱり辛いよね。
レース・デビューの2003年11月03日、雨の鈴鹿サーキットを思い出します。
あの辛さと怖さが脳裏を横ぎります。






気分上乗のK氏w
6時間エンデューロ。の中自己申告制で5人順番で周回します。
大体3週を規準に順番で周回し、いけそうやったら5週とか。
先頭はスタートを味わえますが・・・緊張も大きいです。






選手交代はメインコースからピットに入り、計測チップのバンドを次ぎの人へ足首にはめ直します。
計測チップがバトンが代わりです
手分けしての作業はまるでF1さながらです






K氏とゆあP。
タイヤは2センチのスリックなので、路面状況はかなりドライビングに影響します。
レースが始まり小雨にはなってきたが、路面が濡れているためコーナーでは何人もの選手が転倒したり、中には救急車で運ばれる人も・・・怖いです。






でも、昼過ぎて天気も回復し路面もドライに。
そして、3時間エンデューロの方達がいなくなり、人数もぐんと減ってきましたこれで安心してコーナー攻めれます。






写真はS字コーナーの下り。
下りのコーナーでは時速55キロくらいは出ます。
6時間でる方は速い方や経験積んでる方が多いので走りやすくなったとはいえ、 ここでも何人の選手が転倒する場面を見ました。






ピット前のメインストレート。
メイントレインの中に、メンバーが!

いいポジションですね〜。




パドックでは、走り終えて休憩の人。
レース途中でも携帯でレース主催のホームページにアクセスすると、オンタイムでリザルドが確認出来ます。
今何位とかね。

徐々に順位も上がってきます






ピットにて今走っている選手が、次ぎの選手にチェンジをする待ち時間。






今か今かと胸が高鳴ります。







順番がまたまた来て、






出てゆく人。

がんばれ〜〜〜〜。






ラスト周回のアンカーはチームリーダーのK氏。
皆で彼のの走りを見守る後姿が、美しい光景だったので写真に。

レースも終盤に近づくと皆力が入ります。






チェッカーフラッグが振られ、アンカーのK氏ががピットに帰って来ました。

104チーム中13位!!

「やったー!」
快挙と言ってくだされ 褒めてくだされー!






お疲れサマー。

手作りのおにぎりの差し入れ、美味しかったーありがとう◯
大根の菜っ葉のおにぎり久しぶりに食べました。
生前母がよく作ってくれたのを思い出し少し涙出ました(笑)





2017 / 10/08 / CANON EOS Kiss Digital N : CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

DISCOVERY V8iES / Style1


我愛車、ランドローバーディスカバリー・スタイル1 を手放す事に。

この車はほんとうに乗ってて楽しかった。動かすだけでもわくわくするんだよね。

楽しい時も悲しい時も、思い出沢山詰め込んだ車。

たくさんたくさん走りました。

ありがとうと感謝で、おわかれです。